大阪オフィス tel:06-6365-1286
東京オフィス tel:03-3230-4657

YTBのライティングスタイル講座

第3回:ハイフンを使わないケース

こんにちは。それでは第3回をはじめましょう。ハイフンについては今回で最後となります。最終回のテーマは「ハイフンを使わないケース」です。

第1回、第2回で見てきた通り、ハイフンは単語のつながりを明らかにしたり、意味をはっきりさせるうえで便利なものです。ただ、その便利さゆえ、あまり深く考えずに使いがちです。ここでは、ハイフンを使わない基本的なケースを押さえていきましょう。

ハイフンを使わないケース①使わないほうが自然だと受け入れられているケース

以下に挙げた例では、一見ハイフンを使っても問題なさそうに見えます。しかし、実際はハイフンを使わない方が自然だと受け入れられています。

上記は一例です。迷ったらまず辞書を引きましょう。

ハイフンを使わないケース②特定の接頭辞

次の接頭辞の後ではハイフンを使いません。ここでは一般的なものだけを挙げます。

ただし、上記の後でもハイフンを使うケースがあります。後ろに来る単語が固有名詞や略語の場合、大文字で始まる場合、ハイフンがなければ母音が連続する場合などです。以下に例を挙げます。

また、第2回で紹介した「あいまいさを避ける」ために使うこともあります。

これでハイフンについての説明は終わりです。
使い方に一応のルールはありますが、例外もあります。また、その例外をすべて覚えたつもりでも、また新たな例外に遭遇することでしょう。

ハイフンの使い方をマスターするには、粘り強く取り組んでいくしかありません。そのためには、「使わないケース②特定の接頭辞」などは暗記する必要があります。

なかなか簡単ではありませんが、焦らず気長に取り組んでください。

 

参考文献

The Chicago Manual of Style 15th edition. Chicago: The University of Chicago Press, 2003.
AMERICA MEDICAL ASSOCIATION MANUAL OF STYLE 9th Edition. Chicago: American Medical Association, 1998.
MLA Handbook for Writers of Research Papers Sixth Edition. New York: The Modern Language Association of America, 2006.